in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in 漢方治療

高い薬代、そして目黒西口クリニックへ(1)

-0 COMMENT
松本医院の漢方とアシクロビル、そして漢方風呂でめきめき症状が回復したわたしでしたが、1つだけ問題がありました。

それは、

薬代が高い。

2週間で4万弱なので1ヶ月で8万近くかかることになります。

幸い松本医院は電話で薬を送ってくれるのですが、1〜2ヶ月に1度は来院してと言われています。

来院すると東京=高槻間の交通費と合わせて、

月に10万越え

マジか。そしてこれが一体いつまで続くんだ。
1
寝ても冷めても薬代のことばかり。

楽しみにしている1人旅行も当分おあずけ?

って、これってストレスじゃない? 

わたしはもともと症状が重くなかったため、治ってくるとすぐに調子に乗ってしまいます。

そもそも薬代の値段を釣り上げているのは保険適応で買えないアシクロビルが原因でした。

標準治療では潰瘍性大腸炎の原因がヘルペスウイスルだと認められていないため、保険が効かないのです。

保険が効かないアシクロビルは1個100円します。

それを1回4錠づつ、1日に4回飲みます。1日¥1600の計算です。1ヶ月で¥49.600です。

松本医院で治療されてる方で、もっと飲んでいる方もいます。

そう半分以上がアシクロビル代になるんです。

どうにかならないものかと検索しまくっていたら、ツイッターで、

「アシクロビル個人輸入するか検討中」

というツイートを発見しました。プロフィールを読むと松本医院の理論をもとに自分で治療している方でした。

やっぱり

というのがわたしの感想。

わたしは決して貧乏なわけではありませんが、毎月8〜10万円をずっと払い続けると思うと、いきなり気分が、

ど〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。と重くなりました。

特にわたしは治療前もさほど生活に支障なく暮らしていたので、(仕事も普通にしてましたし)薬代を負担に感じたのだと思います。

これって、結構な人が松本医院での治療を断念してるんじゃないだろうか?

早速ネットでアシクロビルを調べると約半額で購入できることが分かりました。

マイナス2万は大きい!

でも漢方だけ処方してはもらえないだろうな。(汗)

それに交通費の¥26.0000もやっぱり痛い。これがなくなればマイナス¥46.000 できる。

そこで何気にネットサーフィンをしていて見つけたのだ、昌平クリニックの漢方でした。

昌平クリニックのことは知っていたのですが、ナントわたしが潰瘍性大腸炎と診断される2017年の2月の1ヶ月前に閉院してしまっていたのです。

昌平クリニックHP

でも、なんとわたしの家の近く、(家は恵比寿です)目黒西口クリニックというところで昌平漢方を処方してくれるということが分かったのです。

早速昌平漢方についてググると、昌平漢方でめきめき治った方のブログを発見。ツイッターでも発見し、早速メッセージを送ってみました。

この病気になってつくづく思うのですが、こういうときネットはとても便利です。

アシクロビルは自分で個人輸入して、漢方を昌平クリニックで処方してもらえれば、薬代が約半額になる!

4万だったらなんとかなるかも!

わたしは早速目黒西口クリニックの門を叩くことにしました。

目黒西口クリニック目黒西口クリニックHP

つづく


*症状には個人差があり、わたしは軽度から中度の症状です。いわゆる標準治療と反対の自分の免疫を上げるという治療方針が軸になっています。症状の程度によっては当てはまらないこともたくさんあります。


 ここは難病でもあきらめない、完治を目指す希望の場所にしたと思っています。

にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  • Share

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。