in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in 漢方治療

試した漢方薬

-0 COMMENT
わたしの試した漢方薬一覧と効果です。

463641.jpg

断痢湯
松本医院にて処方
・治りにくい下痢を止める(1日3回食前)
この断痢湯はわたしは劇的に効きました。飲み始めて2〜3日下血があり、それから下痢がピタリとなくなり、便が硬くなりました。1週間飲むと便が硬すぎて切れ痔になりそうだったので飲む量を減らしたくらいです。ただ便に若干血が絡みついてはいました。これを飲んでいる時は朝だけに排便があり、3〜4回に分けて、コロコロ硬い便から普通便、ちょっと柔らか便とものすごい快便で、お腹はスッキリ!でした。
本当はこれをずっと飲みたかったのですが、3週間飲んだあと黄ゴン加半夏生生姜湯に移行し、その後松本医院は金銭的な理由でやめてしまったので、残念です。
味は、苦いですがでもまだ飲めます。

治打撲一方湯
松本医院にて処方
・ヘルペスの免疫を上げる。打撲の炎症と痛みを速やかに除去する。(1日3回食後)
この漢方の効果はよく分かりませんでした。断痢湯のように劇的に効くものではないようです。これは5週間飲んでました。
味は甘くて飲みやすいです。

黄ゴン加半夏生生姜湯
松本医院にて処方
・腸管の炎症を取る(1日3回食前)
この漢方は2週間飲んだのですが、断痢湯をやめたせいで、また下痢が戻ってきました。下痢でもわたしの場合は全部下痢ではなく、最初に水下痢、後からコロコロ便の混合で、それに戻ったという感じです。
味の方ですが、これはわたしは嫌いでした。煮出してる時も吐きそうな感じで。わたしには合ってなかったのかもです。

黄桃湯
目黒西口クリニックにて処方
(朝と夜の2回)
これは現在も飲用中の漢方で、2週間が経ちました。
最初は黄ゴン加半夏生生姜湯と同じように、変化はないように思えましたが、ここ数日になって下血が少なくなったことに気づきました。断痢湯と比べると効果は穏やかです。ただ黄桃湯を飲み始めてから朝食抜きの1日2食にしたり、食生活を改善したのもあるので、どれが効いているのかはよく分かりませんが、とりあえず継続してみるつもりです。

漢方の効果は松本クリニックの断痢湯がダントツですが、目黒西口クリニック(昌平漢方)になってから1日2回になったので、それがだいぶ楽になりました。断痢湯は潰瘍を直すというより対処療法的な下痢を止めるための漢方かな?とも思うので、効果は穏やかでも黄桃湯に期待したいところです。と言ってもたった2週間で下血がだいぶ減りました。




*症状には個人差があり、わたしは軽度から中度の症状です。いわゆる標準治療と反対の自分の免疫を上げるという治療方針が軸になっています。症状の程度によっては当てはまらないこともたくさんあります。


にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  • Share

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。