Welcome to my blog
No image

スポンサーサイト

試した漢方薬

わたしの試した漢方薬一覧と効果です。断痢湯松本医院にて処方・治りにくい下痢を止める(1日3回食前)この断痢湯はわたしは劇的に効きました。飲み始めて2〜3日下血があり、それから下痢がピタリとなくなり、便が硬くなりました。1週間飲むと便が硬すぎて切れ痔になりそうだったので飲む量を減らしたくらいです。ただ便に若干血が絡みついてはいました。これを飲んでいる時は朝だけに排便があり、3〜4回に分けて、コロコロ...

絶対に免疫は下げてはいけない パート2

絶対に免疫は下げてはいけない パート1の続きです。深酒、タバコを辞めたわたしでしたが、ど〜〜〜〜〜〜しても今日はバーに行って飲みたい。と、バーへと繰り出した日が2回ありました。また空きっ腹でビールを飲みまくり、タバコを吸いまくり、泥酔しました。次の日は頭ガンガン痛いし、気持ち悪くてベッドから動けないいつものパターン。さぞかし、お腹の調子も悪くなるかと思いきや......................な、な、なんと!久...

免疫は絶対に下げてはいけない(1)

一般的には潰瘍性大腸炎は免疫を抑えて治療!と言われていますが、わたしは絶対に免疫を抑えてはいけないという確信を身をもって体験しました。松本理論に基づくものなのですが、それを裏付けることがありました。一つ目はわたしの潰瘍性大腸炎がひどくなった2016年の秋。この頃わたしは悪癖だったバー遊びを止めました。わたしは若い頃からお酒が好きで、週に1〜2度行きつけのバーに行って、食事を取らずに浴びるほどビール...

ブロリコ、そして潰瘍性大腸炎と免疫について

とにかくこの病気をよくするには免疫をあげないとっ!と思って、買ってみたのがブロリコ。90粒入って¥5.962決して安くはないが飲んだ人の感想を読むと、「飲んだ次の日から調子がいい!」などの言葉が多数。買ってみました。↓1日3粒から最大1回につき6粒まで飲めるそうで、潰瘍性大腸炎にかけるお金を少しでも少なくしたいわたしは1日3粒にしてみました。次の日から元気!ってなことはわたしはありませんでしたが、飲んで...

症状〜わたしの場合

潰瘍性大腸炎と言っても個人差がかなりあるようですが、わたしの場合、一番最初の症状は、白いほやほやでした。ず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜とそれがなんだか分からなくて、今思えば腸壁なんだろうけど。それから寒くなるとお尻を拭いた時にティッシュに血が少しつくので、痔だと思って。松本医院の患者さんの手記を読むとわたしと同じように痔だと勘違いしている人が結構いました。で、下血になっても痔がひどくなったと思っ...

目黒西口クリニックと桃黄湯

さて目黒西口クリニックですが、なんとわたしの家から自転車で行ける距離。(交通費¥26.000かかっていた松本医院とはだいぶ違う)また目黒西口クリニックは女性に特化?したような医院で、先生も女性なのでなんとなく相談しにくいことも相談できそうでいい感じです。漢方初診は朝の10:30からで、10分前には到着。入ると普通のクリニックです。松本医院が強烈だったのでホッとしたような、逆に普通で大丈夫だろうかと不安に...

高い薬代、そして目黒西口クリニックへ(1)

松本医院の漢方とアシクロビル、そして漢方風呂でめきめき症状が回復したわたしでしたが、1つだけ問題がありました。それは、薬代が高い。2週間で4万弱なので1ヶ月で8万近くかかることになります。幸い松本医院は電話で薬を送ってくれるのですが、1〜2ヶ月に1度は来院してと言われています。来院すると東京=高槻間の交通費と合わせて、月に10万越え。マジか。そしてこれが一体いつまで続くんだ。寝ても冷めても薬代のこ...

豆乳ヨーグルト

毎晩手作りの豆乳ヨーグルトを食べています。ジャムも手作りしちゃったりすることもあります。有機豆乳に市販のヨーグルト(小さいカップ)のものを1つ入れて、ホッカイロを貼り付けて放置。約半日で出来上がりです。オリゴ糖で甘みをつけます。これにチアシードやアサイ、ハチミツや、メープルシロップなどを、その時によって入れて食べます。とっても美味しいですよ。1つだけ気をつけていることは、毎日200グラムは食べるよ...

松本医院でもらったお灸

大阪の高槻市にある松本医院の松本先生は強烈でした。ミスタードーナツの上にある昔ながらの医院といった風貌の扉を開けると共に、漢方の匂いとなにやら奥から怒鳴り声が聞こえてくるんです。松本医院で治療した方の手記などを読みながら順番を待ちました。その間もずっと奥から怒鳴り声が聞こえてきます。実際に会ってみると松本先生はそれほど怖い方ではなく、「ばか」と連発する人でしたが、大阪のいいおっちゃんといった感じの...

松本医院(1)

内視鏡検査で潰瘍性大腸炎と診断を受けたわたしは、その日のうちに『アサコール』を処方されました。その際、薬剤師さんに、「すぐに飲んでくださいね。もう今日から飲んでくださいね」と念を押されました。別にわたしは彼女を責めるつもりはありません。でも彼女が飲めと言う薬は薬ではなく毒です。難病なんかではないこの病気を難病たらしめる毒です。内視鏡の検査結果が出る1週間の間、わたしはネットで潰瘍性大腸炎について調...

No image

ブログで紹介した治療に関するリンク集です

松本医院HP目黒西口クリニックHPアシクロビル個人輸入HP*症状には個人差があり、わたしは軽度から中度の症状です。いわゆる標準治療と反対の自分の免疫を上げるという治療方針が軸になっています。症状の程度によっては当てはまらないこともたくさんあります。 ここは難病でもあきらめない、完治を目指す希望の場所にしたと思っています。...

潰瘍性大腸炎の兆し・痔だと思ったら違った

わたしが潰瘍性大腸炎の診断を受けたのは2017の2月ですが、症状が出始めたのはそれよりさかのぼること、2年ほど前だと思う。最初の異変は、白いほやほやってしたもの。あれは今だと腸壁だと分かるのですが、その時はなんだか分かりませんでした。だいたい冬にそれは悪化して、暖かくなると治ってました。ある時からティッシュに血がつくようになり、痔だと思い、ちょうど近所に雑誌や本に載るような痔の名医がいたので、そこにか...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。